2003年12月16日

??03.12.14

イラクへの派遣については賛否あるわけですが、たまに思いがけな
い人が反対だったり賛成だったりしますね/今の状態では賛成しか
ねると言うのが個人的意見。ただ自衛隊を明確に軍隊として法律で
認めるのなら、それはそれで「今回の派遣は仕方ない」にかわるの
でしょうが/ただしこれは理屈での話。感情的にはすっきりしない所
があります/後国益の観点から派遣を論じるのも何だかな。国益が
一部利権者益にすりかえられるこの国の構造を思えば尚更/ただ
イラクが戦場化している現在の混沌を何とかしなければいけないの
は明白なわけで、テロする側を許していけないこともまたしかり…。
例えテロする側が勝ったところで、イラクという国を再建できるとも思
えませんしね/話少し変わり。イラク問題でワイワイやっている裏で、
目がそれたことを良いことに、経済面では政府もろくなことをしていな
い気がします。社会のすみずみまで潤わないと、社会が抱えるリス
ク(と言えば良いのかな?)は増大するばかりと思うのだけど。「衣食
足りて礼節を知る」笑われそうですがこの言葉を、物騒な事件を追い
つめられた人が起こすたびに、思い起こします/クリスマスのイルミ
ネーションがきれいな今日この頃はようやく年末気分がでてきまし
た。しかし最近は普通の家庭の電飾飾りがなにやら凄いことになっ
てますね。センス良い物には目をうばわれますが、中には…イルミ
ネーションジャンキーみたいなおうちもありますしね/さてちょっと卑
小な話。つい先日少しまとまったお金を落としてしまいました。ズボ
ンのポケットにいい加減にいれていた自分がまったくもって悪いので
すけど。勿論今はまだ出てこないし、と言うかきっと出てこないわけ
ですが。拾った方のお役に立てば等と自棄になりつつ思ったりして
います。皆様もお気をつけてお過ごし下さい!
posted by ゆきしま@浜松 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。